Laboratory for Scientific Instrumentation and Engineering
LaSIEとは? News
研究内容 メンバー
研究業績 セミナー
メンバー限定

What is LaSIE? - English -

1992年4月、河田聡教授が阪大工学部応用物理学科第4講座を主宰するにあたって、河田研と呼ばずにLaSIEと命名しました。Laboratory for Scientific Instrumentation and Engineeringの略で、Lazyと発音します。We are LaSIE (lazy) members.95年に大学院重点化があり、大学院工学研究科応用物理学専攻に属します。大講座制になって第4講座は正式には解体しましたが、縦割り組織を超えてさらに多くの研究室母体でもって空間と設備と人とサイエンスを共有して、ナノフォトニクスにおける新しいサイエンスとテクノロジー求めて研究室を共同運営しています。応物教室(学部は応用自然科学科、大学院は精密・応用物理学専攻)のナノフォトニクス領域とナノスペクトロスコピー領域、生命機能研究科のナノバイオフォトニクス領域、免疫センター(iFREC)からのファカルティーメンバー7名に加えて、併任教授1名、ポスドク7名、学生35名が在籍しています。現在、オーストラリア、中国、モロッコ、インド、アメリカ、韓国のメンバーが在籍し、さらに海外からの長中期滞在の研究者・学生がいるため、公用語は英語です。フォトンでナノ構造を制御し、ナノ構造の加工・操作・観察・分析を目指しています。